第12回研修の様子

■日 時:平成11年7月24日(土)・25日(日)の2日間
■会 場:「かでる2・7」(札幌市中央区北2条西7丁目)
■参加者:74名


研修内容は、以下のスケジュールで行なわれました。
なおプライバシーの関係上氏名は伏せています。

<1日目午前> 「バウムテスト実習」
ホノルル大学客員教授 上原 シゲ子 先生

参加者全員がバウムと風景構成画を作成し、上原先生が各コメントをしてくれました。

課題(例えば「実のなる木」や「山」「川」「道」など)が同じでも、ひとつとして同じ作品になることがないほど人間の心の動きも千差万別なんだということを実感しました。


 

 


<1日目午後・2日目午前>「箱庭療法実習」
<2日目午後>        「箱庭療法スライド講義」
サイコセラピスト 金城 孝次 先生

金城先生は今回で3度目の講師をお引き受けくださいました。

今回は箱庭の実習の他に、スライドを使い、金城先生が実際にカウンセリングをなさった不登校の事例などについて解説頂きました。

金城先生は本当に包み込むような優しい語り口でお話下さいます。

実際に病院の臨床場面で心理療法をなさっていますので、箱庭のケースについては日本一とも言われています。

お忙しい中沖縄よりお越しいただき本当に生徒一同感謝致しました。


研修の開催についてへ戻る