カウンセラーの資格取得について

トップページへ

北海道応用心理学教室のシステム

カウンセラーの資格取得について

応用心理学で学ぶこと

箱庭療法研究会

通信教育で学ぶ方へ

研修の開催について

受講申込方法

生徒から一言

カウンセリングルームのご案内

今回のおすすめBOOK

NPO法人
「心のケアステーション」について

■応用心理カウンセラーを目指す方は、次の要領で勉強する事になります。

 まず初級コース(1年間)で、人間理解のための基礎的な知識を学びます。その間に指定のレポートを提出し、すべてのレポート審査に合格すれば「修了証書」が授与されます。

 初級コース終了後、「応用心理カウンセラー」の資格を取得したい方は、中級コース(1年間)を受講し、その間に論文を作成し審査に合格すれば、応用心理カウンセラー協会より「応用心理カウンセラー認定証」が授与されます。

 尚、専門性を高めるために心理テストや心理療法を学びたい方は、上級コースへと進めます。

通信コース詳細

■カリキュラム

■初級コース
概要:人間理解のための基礎的な知識を学びます。
期間:一年間、週一回通学
研修:2月/7月/11月
レポート提出:太字は必修、その他5つを選択し提出 (各単元ごとに400字詰め原稿用紙3枚程度にまとめる)
ステップ1(6ヶ月) ステップ2(6ヶ月)

応用心理学を学ぶにあたって
感性の開発について
ライフタスク(人間の成長過程について)
心の働きについて
知覚と心の関係について
心と肉体の関係
事例研究
感情・情動について
パーソナリティー(自己理解・他社理解)
不登校はなぜおきるか
自律訓練法(実習2回)
暗示について
感想文

自己分析
 無意識の心の働きについて
 自己分析の視点
 心の発達段階
 精神分析の効果
 (人間愛の開発)

性格分析
 心の働きと性格
 事例その1
 事例その2
 事例その3
 事例その4
 事例その5

悩みとは
 悩みとは
 悩み何故起こるのか
 悩みを越えるためには



■中級コース

理論と技法
  1.来談者中心カウンセリング
     1.人間観   2.自己概念  3.技法
  2.認知行動カウンセリング
     論理療法その他
  3..精神分析的カウンセリング
     1.発達論    3.防衛機制   
     2.構造論    4.コンプレックス
  4.行動カウンセリング
    オペラント条件づけの応用
    レスポンデント条件付け他
  5.その他
ロールプレイ
エクササイズ
論文作成  (受講開始後1年6ヶ月〜2年の間に作成)
期間:一年間、週一回通学
研修:2月/7月/11月
※カウンセラーの資格認定については、別途費用がかかります。 詳しくは、当教室にお問い合わせください。

■上級コース(任意)

箱庭療法
ロールプレイ
エンカウンター実習
事例研究 他



〒064-0809
札幌市中央区南9条西3丁目パークビル302
北海道応用心理学教室
TEL:011-511-6118 FAX:011-563-9500
E-mail:info@ap-tonuma.net
copyright 2003, ap-tonuma.net. all rights reserved.