通信教育で学ぶ方へ

トップページへ

北海道応用心理学教室のシステム

カウンセラーの資格取得について

応用心理学で学ぶこと

箱庭療法研究会

通信教育で学ぶ方へ

研修の開催について

受講申込方法

生徒から一言

カウンセリングルームのご案内

今回のおすすめBOOK

NPO法人
「心のケアステーション」について

■北海道応用心理学教室では通信教育でも学ぶことができます。

 基本的には通学コースと同様のシステムで学習することになりますが、通信教育はテープ教材を使って自宅学習をし、指定のレポートを提出します。(学習後テープは返却してもらいます)

■カリキュラム

■初級コース
概要:人間理解のための基礎的な知識を学びます。
期間:1年間
研修:2月/7月/11月
レポート提出:太字は必修、その他5つを選択し提出 (各単元ごとに400字詰め原稿用紙3枚程度にまとめる)
ステップ1(6ヶ月) ステップ2(6ヶ月)

応用心理学を学ぶにあたって
感性の開発について
ライフタスク(人間の成長過程について)
心の働きについて
知覚と心の関係について
心と肉体の関係
事例研究
感情・情動について
パーソナリティー(自己理解・他社理解)
不登校はなぜおきるか
自律訓練法(実習2回)
暗示について
感想文

自己分析
 無意識の心の働きについて
 自己分析の視点
 心の発達段階
 精神分析の効果
 (人間愛の開発)

性格分析
 心の働きと性格
 事例その1
 事例その2
 事例その3
 事例その4
 事例その5

悩みとは
 悩みとは
 悩み何故起こるのか
 悩みを越えるためには



■中級コース

理論と技法
 1.テキスト
   「カウンセリングの理論」 国分康孝著
   「カウンセリングの技法」 国分康孝著

  (テキストを読んで指定のレポートを提出する。)

 2.ロールプレイ 
   「ロールプレイの演習として、様々なケースにレポート形式で答える。」

 3.論文作成

 応用心理カウンセラーの資格を取得するためには、論文作成(原稿用紙15枚以上)と研修会参加(通学生6回、通信生4回費用別途)が必要です。 論文審査に合格すれば「応用心理カウンセラー認定証」が授与されます。 (カウンセラーの資格認定については、別途費用がかかります。)通信コースは随時受け付けをしています。




〒064-0809
札幌市中央区南9条西3丁目パークビル302
北海道応用心理学教室
TEL:011-511-6118 FAX:011-563-9500
E-mail:info@ap-tonuma.net
copyright 2003, ap-tonuma.net. all rights reserved.